So-net無料ブログ作成

うさ ザ・キャピトルホテル東急クラブフロアに初訪問する オードブル編 [超都心ホテル滞在記]

さあ、クラブフロア巡りはオードブルタイムに移ります。
庶民と庶民の親戚は、いつも通り早め早めの行動でございます。
17時少し前。
ライブラリーラウンジに到着。
誰もいませんでした。
ホッと胸をなで下ろし、隅っこが怖かったので真ん中席に陣取りました。
庶民ズが座っていると、スタッフの方がいらして先ほどは混んでいてー的なお話しをしてくださいました。
会話を楽しめるという、どうやらティータイムとはスタッフの方が違うようです。
スタッフの方の人数も増え、いろいろとお世話をしてくださいます。いつものクラブフロア巡り感がしております。
まずは時間前と言うことで、ティータイムのお飲み物を勧めてくださいました。
TWGのジャスミンティーを飲みながら、オードブルタイムを待ちます。
DSC06457.jpg
が、あっという間に満席になり、ちょっとハラハラ感が襲ってくるのでございました。

こちらは地獄タイム直前にパパパッと撮影できたもの。
名札がないので全て想像です。
チーズはパッケージのものです。
DSC06467.jpg
最後の方に、カマンベールやいろいろな種類が出てきました。
サラダはフレッシュ野菜が光っております。

冷たい前菜や先程のつづきのナッツ類。品名がないので謎のお料理でございます。
DSC06460.jpg
冷菜の奥には温かいお料理もございます。
ピザとかチャーハンとか唐揚げとか、庶民になじみなメニューがメインなのですが、全てが高級な作り。
庶民ズ感嘆の至りなのでございました。
DSC06461.jpg
うさは撮影しただけでテーブルに戻ってしまいましたが、その後は地獄タイムでございました(;´Д`A

横入りあり、ぐわっさぁぁぁぁっと根こそぎ持って行くあり、いつまでもどかないあり・・・
デスクでは「何で席がないんだ」的なゲストが粘ったりとか・・・
天国時と地獄時の差が激しいです(>_<。)
真ん中の席からはいろいろ見えるんですと、いうか、恐怖で目が離せない(ーー;)

あ、こちらのライブラリーラウンジの良いところは、17時過ぎたら大人の時間だという所。
そこは素晴らしいと思いました。

大人の時間にはアルコールも提供されます。
DSC06464.jpg
季節のシャンパンはローランペリエさんでした。

オードブルタイムは先ほどと打って変わって素敵な接客があります。
真ん中という場所が良かったのか、ドリンクオーダーはおかわりのタイミングが完璧でした。
親戚の庶民、泡をわんこそば状態で注がれておりました。

うさもノンアルコールカクテルを発注いたしました。
「カシスコーディアルシロップをブラッドオレンジ、リンゴジュースとソーダで割ったカクテル」
写真無い・・・
こちらのノンアルコールカクテルのレベルの高さに感激です。
「柚子のモナコカクテル」
DSC06474.jpg
甘くないものとリクエストし、柚子の辛さがぴりりとくる素敵なカクテルもいただけました。

8テーブルしかないので、ブッフェ台混雑も波があります。
その波をうまく乗りこなせば料理も取れます。

お料理は無くなると他の物が出てきます。
DSC06471.jpg
なぞの肉
DSC06476.jpg
謎の炒めもの
DSC06478.jpg
カナッペ
DSC06481.jpg
パンもあります。
DSC06470.jpg
ここのラウンジは、波を乗りこなせば良いことがわかり、庶民ズ感嘆の至りでございました。
まぁ、席がある事が大前提だけどね。
nice!(49) 
共通テーマ:旅行

nice! 49

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。